テーブルの上のものを食べてしまう犬

「ウチの犬はおバカさんですが、直るでしょうか?」と飼い主さんから相談を受けました。

最近では、「犬のしつけは飼い主さんの責任で、悪いのは犬ではなく飼い主さん」という考え方がかなり浸透してきたと思つていましたが、いまだに「ウチの犬はおバカさんです」と言う飼い主さんが多いことに驚きを感じます。あなたの愛犬は、本当に「おバカさん」なのでしょうか?

この飼い主さんがいちばん困っていたのは、『パフィー』がテーブルの上にあるものを盗み食いすることでした。イングリッシュ・コッカー・スパニエルがダイニングテーブルに飛び乗るところを想像して、その身体能力に感心していたところ、直接飛び乗るのではなくて、イスに飛び乗ってからするりと上手にすき間からテーブルまでたどり着くのだそうです。そんなことができる犬を、なぜ「おバカさん」と呼ぶのでしょう?

ダイニングルームを見ると、すべてのイスはテーブルから離されて壁際に並べられ、テーブルだけがポツンと真ん中にありました。テーブルに乗られないように、飼い主さんもそれなりに知恵を使っているようです。

ある日、飼い主さんがダイニングテーブルで昼ごはんを食べていると、飼い主さんから見える位置で、パフィが隣のリビングルームにあるコーヒーテーブルの角をかじり始めたそうです。「やめなさい!」と言ってもやめないので、飼い主さんはコーヒーテーブルのほうへ。するとパフィーはダッシュでダイニングテーブルヘと向かい、するりとイスからテーブルヘ上って、飼い主さんの昼ごはんのメンチカツをひと口でペロリと平らげたそうです。おバカさんどころか、何とも賢いじゃありませんか!

まさにそのコーヒーテーブルで、お茶を飲みながら話をひと通り聞いた後、パフィーのハウスをチェックするために部屋を出ると……。後ろから「コボゴボ、ゴボゴボ」とお茶を飲む音が聞こえてきました。

「あっ!」と顔を見合わせる飼い主さんと私。時すでに遅し。振り返ると、パフィーが私のお茶の残りをおいしそうに飲んでいました。その飲みっぷりから、おそらく初犯ではなさそうです。どうやらこの場面でマヌケでおバカさんだったのは、パフィーの行動を予測できなかったダメトレーナー(つまり私)のようですね。

賢い犬と付き合うのは、じつは簡単なことではありません。「賢い犬=おりこうな犬」ではありません。一般的には、「おりこうな犬=何もしない犬」とされていることが多いように感じます。「いたずらをする犬=悪い犬」なのでしょうが、「いたずらをする犬=作業意欲が高い犬=仕込めばすばらしい仕事をしてくれる犬」とも言えるのです。

賢い犬は、飼い主さんにとって不都合な行動もすばやく覚えてしまうので、飼い主さんは自らの行動に十分気を付けなくてはなりません。